ホーム > 呼吸器科のご案内

呼吸器科

当科の特徴と診療内科

呼吸器科の対象疾患は、一般の市中肺炎や肺非結核性抗酸菌症(肺MAC症が多い)、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD、肺気腫が多い)、COPDが進行した慢性呼吸不全、肺がん、胸膜中皮腫、間質性肺炎、肺結核などです。当院では肺炎や肺MAC症に対する抗生剤治療、気管支喘息に対する吸入ステロイド治療、肺気腫に対する吸入療法、慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法、肺がん終末期の緩和療法に積極的に取り組んでいます。

禁煙外来
当院呼吸器科の常勤医師が平成30年7月より禁煙外来を開設しました。一定の基準を満たせば禁煙治療に健康保険が適用されます。内服薬かニコチン貼付剤を使い、5回の診察で計12週間で治療は終了します。以前に禁煙治療に失敗した方も、過去の治療から1年以上経過していれば保険適用下の再治療が可能です。毎週月曜日午後1時30分より行っています(完全予約制)。

ページトップ