ホーム > 看護部 > 看護部紹介

理念・目標

看護部の理念

誠実に真摯に患者さんと向き合い、患者さんの命と生活と尊厳を支える
   
私達は、常に患者さんの人権を尊重し、インフォームド・コンセントに基づいた看護を実践し、患者さんに信頼される質の高い看護を目指します。

私達は、看護専門職業人として常に知識・技術を高め、また人間としての見識を深めるための研鑽に努めます。

私達は、医療チームの一員として他職種との協力・連携を図り、地域医療に貢献いたします。

看護の目標

政策医療(重症心身障害・神経筋難病・高齢者)看護の専門性の向上と充実
  1)患者が「快」を感じる丁寧な看護の実践
2)疾患の理解とフィジィカルアセスメント能力の向上
3)医療安全行動・感染管理行動の遵守と定着
4)他部門との連携強化によるチーム医療の推進
病院経営への参画
  1)多職種連携による患者の確保と入院受け入れ
2)適正な物品管理と医療機器の管理
3)病院および看護部広報活動へ主体的に参画できる体制作りと積極的な取り組み
4)看護実践・臨地実習の充実による看護職員の確保
専門性を発揮した看護実践のための学習支援
  1)教育システムの確立とOJTを重視した教育計画と実践・評価
2)新人フォロー体制の充実と離職防止
3)政策医療分野研修の企画・実施

看護の目標

看護単位 5単位:3病棟、外来、手術室・中材

 

看護方式

勤務体制

1階病棟

固定チームナーシング

三交替制

2階病棟

チームナーシング

三交替制・二交替制

3階病棟

チームナーシング

二交替制

ページトップ