ホーム > 検査部門

検査部門

検査内容

研究検査科は患者の皆様より採取した血液や尿などの生体試料の分析や心電図検査、脳波検査などの生理学的検査を行い、臨床診断や治療に必要な 科学的根拠(エビデンス)となるデータを提供する部門です。患者の皆様とは接点も少なく、目立ちにくい部門ではありますが、お一人おひとりの体の状態を客観的かつ正し く把握する上で大切な情報を収集し、フィードバックする点からは皆様と非常に関わりの深い部門でもあります。
また我々は日頃より検査データの精度維持と向上に努め、日々の内部精度管理に加え、日本医師会精度管理調査などの外部精度管理調査にも積極的に参加しております。

検査内容

 生化学検査

生化学自動分析装置(日立7180)を用いて心機能、肝機能、腎機能、糖尿病などの指標となる血液中の約30種類の酵素や物質を迅速に測定しております。

 血液検査

多項目自動血球分析装置(シスメックス XT-4000i)を用いて貧血、炎症、白血病などの血液疾患の指標となる赤血球、白血球、血小板等の大きさや 数の分析、および白血球形態分析(好中球、リンパ球、好塩基球などを分類し、その比率を算出)を行っております。

 尿一般検査

自動尿分析装置(アークレイ AE-4020)を用いて尿中の糖、蛋白、ヘモグロビンなど10項目を同時に測定します。また尿沈渣(尿中有形成分)は 臨床検査技師が顕微鏡下で直接目視確認とカウントを行っております。

 生理機能検査

心電図検査、脳波検査、呼吸機能検査、超音波検査、筋電図検査、血圧脈波検査、聴力検査などの生理学的検査を行っております。また24時間 ホルター型心電図検査、24時間自由行動下血圧測定、睡眠時無呼吸症候群の検査として終夜経皮的動脈血酸素飽和度測定なども行っております。

 その他

輸血関連検査としてABO式・Rh(D)血液型検査、交差適合試験、免疫学的検査としてはインフルエンザ抗原、ノロウィルス抗原、O-157抗原、アデノウィルス抗原、 ロタウィルス抗原、RSウィルス抗原、A群β溶連菌抗原、HBs抗原・抗体、HCV抗体、(尿中)肺炎球菌莢膜抗原などについての迅速検査を行っております。

検査内容

多目的自動血球分析装置 生化学自動分析装置 一般検査室 脳波計
多目的自動血球分析装置 生化学自動分析装置 一般検査室 脳波計