ホーム > 薬剤部門

薬剤部門

薬剤科

薬剤科イメージ
薬剤科は薬剤師が医薬品を専門に扱う部門です。
医師が発行する処方箋に基づき、内容を確認した後患 者様にお渡しする業務(調剤)を中心に、高カロリー製剤、院内製剤の調製、院内の医薬品の在庫管理、医薬品情報の収集・管理・提供、入院患者様への服薬説明をはじめとした薬剤管理指導などの業務を行っています。
これらの医薬品に携わる業務により患者様の安全を第一に考え、医薬品による安全かつ適正で有効な治療を提供できるように業務の充実を図っています。

薬剤科業務

 調剤

薬剤科イメージ
調剤は薬剤師の中心となる業務です。患者様に安心してお薬を服用して頂けるように、自動錠剤分包機や散薬・水薬監査システムを使用し、迅速かつ安全な調剤を行っています。入院患者様のお薬はもちろんの事、外来患者様のほとんどのお薬も当院の薬剤科で調剤しています。外来患者様におきましては、院外処方箋も発行しておりますので希望される方はお気軽にご相談下さい。

 注射剤の混合調製

薬剤科イメージ
薬剤科では、食事が経口で摂取できない場合に使用する高カロリー輸液調製を行っています。
この輸液は無菌環境で調製を行う事が望ましいとされている為、クリーンベンチを使って無菌的環境を作り出し、細心の注意を払って調製しています。

 院内製剤の調製

薬剤科イメージ
当院で決められ、使用する特殊なお薬を作っています。

 医薬品管理

病院内で使用される医薬品に関して購入、保管、管理を行っています。 医薬品には光や温度・湿度など保管の条件が決められているものや、法律で保管方法が決められているものがあり医薬品ごとに適した保管・管理方法が必要です。 また、無駄な在庫を極力なくすなど経済的な努力も行っています。

 医薬品情報提供

医薬品に関する情報を収集・評価・管理し、必要時に医師や看護師等の医療スタッフに迅速かつ的確に提供しています。

 薬剤管理指導業務

薬剤科イメージ
入院患者様に安心してお薬を服用して頂けるよう、服用されているお薬の薬名・効果・用法・用量・副作用などについて患者様の病室までお伺いして詳しく説明しています。また、入院時には持参された薬のチェックを、退院時にはご自宅で薬を正しく服用していただけるように指導を行っています。